薬局で手に入る重曹か脱毛か…

重曹がにおいを抑える効果があると聞いてわきが対策に使ってみたことがあります。重曹を水に溶かしてわきに吹きかける。たったそれだけなので手軽ですが、効果のほどは微妙でした。薬局で売っているようなデオドラント製品と効果は大差はなさそうです。重曹を使うくらいならミョウバンの方がいい仕事をしてくれそうです。

そもそも重曹とはどういったものなのでしょうか?炭酸水素ナトリウムといって、口にしても体についても害のない成分です。キッチン周りの油汚れを取るのに有効で、一般家庭でも簡単に手に入れられます。これに脱臭効果があるというので、わきが対策の品として試してみました。

重曹は弱アルカリ性なので、汗や食べ物などの酸性のにおいを中和し、無臭化できるということから汗のにおいのする洋服に吹きかけるとよいとのこと。それをわきに直接吹きかけても効果があるのではと実行してみたのですが、劇的な改善には至りませんでした。

重曹はたんぱく質を分解する作用があるので、わきのアポクリン腺から出てくるたんぱく質を分解してしまえば、細菌のえさとなるものが無くなり、においを抑えることができるという考え方ですが、弱酸性に保って状態を維持している肌にアルカリ性の物を吹きかけるとむしろ細菌が増殖しやすくなるのではないかと思ってしまいました。これなら少々お金はかかっても脱毛をしてしまった方が効果は高いのではないでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ