自己処理の脱毛によるお肌の炎症に注意

dimage_ashi_001

強そうな毛を力を入れて引っ張ったり、毛の流れと反対に向かって剃ったりすると特に熱を持っていると考えたことがあったはすです。
これは皮膚がもう皮膚炎を起こす直前。
ご自分の体毛処理のせいで肌を痛めてしまっているのです。
そして、エステサロンやクリニックで処理してもらっても決して起こらないとは限らないのがこの炎症です。
シェーバーを使ったムダ毛処理はとても容易ですが、またこの方法も肌への負担が大きいのです。
現実にはシェービングによりムダ毛を除去するだけではなく肌表面まで傷つけているのです。
小さく多数ついた角質の傷は乾燥を招き毛穴を開かせます。ですのでシェービングでの除毛も、毛穴の目立ちの原因の一つであると言えるのです。
レーザーを使う脱毛は重度であるアトピー性皮膚炎など肌質によっては向かない人もいます。
酷い日焼けをしている人や元の肌が黒い人も向いていないようです。
レーザー脱毛の前には病院で医師の診察を受け、肌質やその他の体質のこと、健康状態や持病のことなど不安なことはきちんと納得できるまで聞きましょう。
医療系のクリニックまたは美容外科では光など熱を出すものを用いて処理します。処理のアフターケアは確実に冷却しないと肌の熱はなかなか取れません。皮膚炎を起こしてしまうかもしれません。このように、むだ毛の処理と炎症は切っても切れない仲。
どうしたら炎症を起こさないで済むかを知識を得る必要があります。
皮脂分泌が過剰なことが主な原因になるのですが、脚の場合、それ程皮脂の分泌は多くはないはずです。
そうなんです、脚の毛穴の開きが目立つのは皮脂の汚れによるものではなく、ムダ毛の間違った自己処理を続けてきたことで炎症や色素沈着が起こってしまいできたものが多いです。
レーザーを使う脱毛法は生えてきた毛と毛根に作用し、根こそぎ半永久的に脱毛できます。
エステサロンの脱毛や皮膚科やクリニックのレーザーなど光脱毛はその時はコストが高いと思いますが、肌がキレイな状態で脱毛できるという最善の手法といえるでしょう。
強い力でムダ毛を抜いたことでストレスを受けた毛穴が軽い炎症を起こし、毛穴の炎症がだんだん酸化して色素沈着をして黒ずんだり赤っぽくブツブツと毛穴が目立つようになります。
そのため、脱毛した後の足の毛穴の黒ずみや炎症、赤いブツブツなど、逆に目立ってきて新たなトラブルになってしまっている女性は多いのです。
脱毛したいと思ったとき特に気を付けるべきことですが、自分で処理するのに毛を自分で毛抜きで抜いていた人、むだ毛をご自分でカミソリで剃っておる人は、大量におられるはずです。
ご自分で自己処理するとお肌が熱をもっているように思ったことのある人も、ご自分で処理する人に比例して大量におられます。
肌の炎症を回避するために、何よりも肌の熱を十分に取る必要があります。
自分で処理をされている場合は保冷剤がいいです。
完全に熱をとったら、次は保湿です。
化粧水などをたっぷり与えてあげましょう。
エステとかサロンまたは、美容外科などはアフターケアは、たいてい、料金に含まれているんですが、自己処理している方には欠かせないケアです。
入浴の時にムダ毛処理をしている人は多いことでしょう。
けれども入浴中の肌はふやけてシェービング負けを起こしやすい状態です。
その状態だと毛穴まで痛めてしまう可能性も。
毛穴ケアのことを思ったらムダ毛処理は入浴後、専用のシェービングクリームを用いましょう。
石けんなどは滑りすぎてしまい、けがのもとになることもあるので注意しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ