ムダ毛の処理は腐臭防止になるの?

ワキガは汗をかいた後、雑菌が繁殖することでにおいが発生するので、そもそも汗をかかなければよいのです。何通りか方法はあります。ひとつはミョウバンや制汗剤による対策です。ミョウバンは殺菌や消臭に効果がある上に、制汗作用も望めることから理想的な対策品かもしれません。

ほかには、脱毛があります。脱毛をすると汗の量が減ると言われています。この結果、ワキガのにおいも抑えられるわけです。ただし、完全とまではいかないので、大きな変化を感じられるのは軽度の方だけかもしれません。

そして、ボトックスという方法もあります。これは薬剤を利用して汗を止めてしまうものです。手の多汗症治療によく用いられていますが、わきにも一定の効果があるようです。ただし、ボトックスは経済的余裕がないと難しいかもしれません。1回につき約10万円。それを年に2回しなければ効果が続かないとのことです。一般庶民には非現実的な対策法かもしれません。副作用に関しては強いものは特にないようです。

この他、ETS手術という手段もあります。これもボトックス同様手汗をとめるための手術です。こちらはリスクが高く、効果のほども疑問視されているので、病院でお医者さんとよく相談してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ