脱毛できる病院での腐臭治療にデメリット?

わきがの対策として、病院での治療を選ぶのも一つでしょう。元々わきが治療のスタンダードとして最も効果的な方法だと認識されてきました。脱毛効果もあるし、女性はそんなに効果的ならすぐにでも手術をしてもらいたいとお思いかもしれませんが、これには大きなメリットとデメリットが隣り合わせになっているのです。

病院でのわきが治療は大体が手術になります。この手術にはいくつか種類があります。その中の1つに、剪除法(皮弁法)という方法があります。これは、病院の中には保険内で治療してくれるところもあるので、一番多く実施されています。保険内であれば、手術だけだと約4万円からと比較的リーズナブルです。しかし、保険を適用してくれない病院もありますので、事前確認が必要でしょう。

具体的には、皮膚を切開し、その部分を裏返して医師が目視でひとつずつアポクリン腺というわきがの原因となる汗腺を取り除いていきます。医師の腕が良く、完全にアポクリン腺を除去できればにおいの心配を全くしなくてよくなるので、わきがの人はかなり惹かれる方法でしょう。

しかし、これにはデメリットもあるということを念頭に入れておいてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ