埋没毛に注意

dimage_kao_001

クリームを使用したムダ毛処理というと、除毛クリームも存在します。

毛を抜くことはしないので肌に全く負担がかからないように思いがちですが、そうでもないんです。

肌から出ている毛を弱めるために溶かすので、相当強いアルカリ性の薬剤です。

見た目には何もわからないですが、肌が強力なアルカリ剤に触れたら表皮が毛羽立ち、とても乾燥しやすい状態になるので、自己処理する場合には気を付けたほうが良いですね。

ムダ毛処理で埋没毛が出来る主な原因は、カミソリなどで毛を剃るときも、表皮にある毛穴付近に特に小さな傷ができ、それらが炎症になり角質肥厚が起きます。

剃った毛の先がとがることでも、毛穴を傷めてしまい、そのまま皮膚の内側で伸び進む場合もあります。

傷や炎症などのお肌のトラブル、そういったことが角質肥厚保となり埋没毛を作るのです。

埋没毛は毛抜きなどを使って処理していてうっかり皮膚を傷つけてしまった時、その傷は治るためにかさぶたを作るのですが、かさぶた内で毛が成長した結果、かさぶたが取れたあ

との皮膚の中で毛が伸びている状態です。

埋没毛で尖った毛先は、生える向きを間違えたまま、また皮膚の中に入ってしまいます。

皮膚の内側で毛が伸びていくおかしな現象が現れてしまったのです。

埋没毛が出来てしまったらどうする?ほとんどの方はそのまま放置するという反応だそうです。

埋没毛を無理矢理掘り出すと、毛穴も皮膚も傷つき雑菌が繁殖しやすくなります。

傷もその分深くなり、埋没毛も深くに入り込んで、悪循環です。

つまり、出来た埋没毛の最も適した対処法は「放っておく」です。

埋没毛は、放っておけば、自然と毛が伸びて皮膚に自然に伸びた毛が出てきます。

埋没毛の原因はやっぱり自己処理。毛抜きを使えば、皮膚を無理に引っ張り、毛穴を傷つけ、皮膚がかさぶたを作るのです。

かさぶたは角質細胞が死滅し乾燥したもの。

死滅した角質の細胞をケアするのに新たな角質が補修作業に当たるため、かさぶたができてしまった場所は角質肥厚状態になります。

その内側で新たな毛が生えれば、角質を突破できず、行き場がなくなり、皮膚の下方へ成長していくのです。

処理をする前には、クリームで普段から肌の保湿をし続けることで、肌の修復力が保たれます。

処理中に専用のクリームを塗ってから剃れば、肌への負担を少なく剃ることができます。

処理した後は、敏感になっている肌を保護し守る、保湿クリームなどで、肌をしっかり休せましょう。

ムダ毛処理をしつつ、埋没毛が出来にくく、その上埋もれている毛が外に出やすい肌環境に近づきます。

尿素クリームは角質ケア保湿クリームで尿素配合ものをよく見かけますよね。

尿素は硬くなった古い角質をほぐして浸透していきます。

角質の硬いところでしたら、尿素はおすすめです。

ただ、柔らかい場所に尿素配合のクリームを使ったら、必要な角質も壊してしまい浸透するので、おすすめしません。

お手持ちでワセリン配合クリームなどがあれば、肌の上に一枚膜を形成できるような保湿ケアアイテムから使ってみましょう。

真剣に思い悩んでいる方は、積極的なケアですぐに埋没毛を治したい!と思いますよね。

埋没毛を見つけてしまったら、保湿と角質ケアに力を入れて、毛がごく自然に生えていける肌環境を作りましょう。

まず保湿を徹底し肌を柔らかくすることを今日からやってみましょう。

埋没毛の原因とは傷と炎症により角質が毛穴を塞いでしまうことです。

傷と炎症を作らなければ良いので、毛抜きなどで処理している方は、今すぐやめた方がいいです。

埋没毛を自分の手で何とかしたい場合は、消毒した毛抜きを用意しましょう。

埋没毛周辺を温めて皮膚を柔らかくし、皮膚をつまんで毛抜きで取ります。

抜いた後は消毒することを忘れずに、状態が少しひどいなら美容外科などに行くとレーザーを使ってキレイにしてくれます。

無理に自分で処理して悪化させないことが肝心です。

脱毛に関する悩みのひとつである埋没毛がどういう症状なのか知らない人もおられますが、それはお肌の中で育ってしまう毛のことです。

ムダ毛を退治したいから、埋没毛はがまんする?で埋没毛のおかげで、そもそも肌を艶やかに見せられないですよね。

埋もれてしまった毛を処理できなければ結局ムダ毛はなくなりません!

どちらを先に取るのか、女性にとっては、大きな悩みです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ