効果的なレーザー脱毛とは

レーザー脱毛の特徴と効果について

美容外科でもお馴染みのレーザー脱毛ですが、脱毛という発想はどこから来たものかご存知でしょうか。
実はメラニン色素という黒い色素だけに反応するという事で、初めシミやホクロの治療に使われていました。

ところがレーザーを照射していると、レーザーが当たっている所の毛が抜け生えてこなくなったので、
これは永久脱毛に使えるんじゃないか、という事で改良した後脱毛に使うようになったそうです。

レーザーとは、単一の波長で皮下にある黒い毛だけをターゲットに反応します。

その毛から熱が毛包全体に伝わり、毛母細胞を破壊するので毛自体がつくられる事がなくなりますが、
その周りの細胞などは傷付けません。

ただ日焼けや色素沈着のある部分、デリケートゾーンでも奥の部分は肌トラブルになりやすいので、
レーザーをあてる事が出来ません。

レーザーには、ダイオードレーザーとアレキサンドロイトレーザーという2タイプのマシンがありますが、
2タイプとも効果に違いがあるわけではありません。

違うのは照射する口径と冷却するやり方くらいでしょうか。

施術中や後は、しっかり冷却しますが、軽い火傷状態でもあるので赤くなる事があります。
普通数時間で治まりますが、1週間経っても痒みや痛みが治まらない時は、皮膚科を受診する必要があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ