乾燥や日焼けとアフターケアに注意

dimage_ude_001

肌が炎症になる状態を避けるには、アフターケアをしなくてはなりません。

熱を取って冷やすことが大切です。

丁寧に冷やすことで毛穴の引き締め効果もあります。

熱を取り去ることを目的に冷やすことが肝心なのです。

しっかり冷やすことで毛穴を引き締める目的もあります。

脱毛は乾燥にも注意しないといけません。

日焼けはお肌の水分が失われる失われる状態と言えます。

屋外に置いてある容器の水がどんどん気化していく様子を思い浮かべてください。

日焼けはこういう状態、簡単に言うと、水分が失われている状態なのです。

脱毛した後お肌は熱を持っている為、冷却しなければならず、保湿も必要です。

脱毛前から乾燥しやすいお肌だったら、脱毛後の肌はなお乾燥がひどくなり、頑張って保湿しても追い付けない状態になります。

赤みを帯びてカサカサになった肌がさらにヒドくなると、ちょっとした日光からの刺激でさえ受けてしまうことになります。

少し赤みを帯びているだけだった肌がよりいっそう炎症とよばれるほどの状態に陥ってしまうので、ここまで来たら、病院で診てもらわないとキレイに治らないでしょう。

脱毛するにあたって気を使うことの最後はアフターケアがあります。

実はアフターケアをきちんとするかしないかで、その後のお肌のコンディションが決まります。

アフターケアをしなかった場合どうなってしまうのかについて、自分でネットや雑誌で具体例を調べてみましょう。

脱毛する時気をつけなければならない点で特に重要なのが乾燥や日焼けです。

炎症を起こさないように気を使う必要があるので、日焼けには最も注意が必要なのはご存知だと思います。

日焼けとは簡単に言うと軽症の火傷です。

つまり、炎症を起こしているのと同じ状態だということなのです。

炎症のお肌に脱毛したら肌への負担は多大なものとなることでしょう。

脱毛施術を受けた後のアフターケアとして、とにかく、熱がやっかいです。

熱を持ってしまった肌はすぐには普通の状態に戻れず、赤みを帯びた状態になっていき、次の敵は乾燥です。

赤みがかった状態の肌はどんどん潤いを無くしていき、肌はカサカサとひび割れた状態になってしまいます。

保湿が十分できていない乾燥する肌の方は、つるんつるんのお肌になりたいと決めた時点で日焼けは極力避けて、肌が乾くことから守るために入浴したらお肌が乾ききる前に保湿剤

などで潤いを保つことを心がけましょう。

肌が炎症した状態を避けたいので、お肌を保湿することも大事。脱毛後は、普通の毛穴から毛が除去された状態なので、このタイミングで保湿することは肌をいい状態にしてくれる

大きな結果を期待できます。

保湿といっても、お風呂後にいつも使っている量ではなく、たくさん使ってあげることが重要です。

脱毛後はお肌がとても乾燥しやすく、レーザー脱毛後は特にお肌を保湿する事が大切。

乾燥したお肌は、皮膚の水分量が非常に少なく、この状態でレーザーに当たると、保湿されたお肌と比べ痛みを強く感じ、脱毛効果も半減してしまうかも。

デイリーケアとして、入浴後の保湿に加え、真面目にボディークリームや乳液を使って保湿するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ