ムダ毛とは何ぞや?脱毛で綺麗な肌になるために。

dimage_009

近所で手に入る脱毛ワックスや脱毛テープ、脱毛クリームなどは、サロンのような費用は掛からず自分の手で脱毛できますので、忙しい人や、お財布の紐が堅い方にいいと思います。

ただ、無駄毛はすぐに生えてくるので、敏感なお肌やアレルギーのある方は注意する必要があります。

自分が、サロンまたはクリニックに行くか、自宅で脱毛するかは、ご自身のライフスタイルにで変わるでしょう。

脱毛の施術は、幾つかの種類があります。

大切なのはあなたがどのぐらい脱毛にお金と時間をかけられるかです。

脱毛には何度か通わないと効き目がないものがあります。

光脱毛とレーザー脱毛、針脱毛などがそうです。

脱毛したあとは効果が長持ちします。

でも、もし急なデートやお誘いがあったら、それらの脱毛法では時間的に無理でしょう。

急ぎであれば、猛ダッシュでドラックストアに行って、脱毛クリームや脱毛ジェルの購入がベストでしょう。

普段から、お肌の露出が多い方は、長い期間通わないといけないのは時間もかかるので、医療系の永久脱毛をお勧めします。

反対にあまり露出のない方は、すぐにできる自宅での脱毛でカバーできます。

費用の予算などもありますので、各々の長所、短所をよく吟味して、自分にベストな方法を考えましょう。

お友達などにサロン経験者がいれば、話を聞いてみるのもいいでしょう。

脱毛は痛い事が苦痛だと思っている方が多いようですが、大手脱毛サロンなどの光脱毛が進化したSSC脱毛などは、痛みが少ない無痛脱毛とも言います。

ただし通う回数はレザー脱毛などに比べて増えます。

光脱毛は、低い温度で抑毛ジェルを浸透させて脱毛します。

医療レーザー脱毛も最新のものは出力調整が可能だそうです。

出産経験者は、痛さに強い傾向があるようですが、例えばワックス脱毛などは、やる人の腕に痛みが左右されます。

市販やネット通販で家庭用の光脱毛やレーザー脱毛器がとても人気で、美顔器としても使えるものがあります。

ただ、サロンやクリニックでは施術した後冷却など、無駄毛の処理はもちろん、お肌のアフターケアもサービスですが、自己処理の人は自分で冷却したり保湿が必須です。

また器具も衛生管理が重要ですから、自信のない方ほど、サロンやクリニックに行く方がいいと思います。

私は、無駄毛のお手入れはしっかりします。

なぜかと言うと、自分の身体が鏡に映りしまりのない自分の姿は、見たくないです。

無駄毛たくさんの手やワキの人にあった時に、その手で名刺を渡されてどう思いましたか。

普段していないことは、急にはできません。

毛深いのが悪いというわけではないのです。

ただ、お相手にどう思われるかは相手次第です。

脱毛することで得る安心感にお金をかけるというとらえ方があります。

剃り残し黒ずみ、金属アレルギー等の恐怖や、いざという時、恥をかくという不安が全てなくなればどう感じるでしょう。

今までのストレスから解放されますよね。

これはベネフィットと言われるもので顧客の満足や利益の一種です。

皆様は脱毛そのものにお金を出すのではなく、美しくなる自分の肌への満足度や自信にお金を出すのです。

その満足に見合った金額の脱毛が良い脱毛と言えます。

日本ではアンダーヘアはケアをしない人が多数です。

他の国、特に欧州では汚いと思われます。

昔から日本人は着物で肌を覆う習慣があったので、アンダーヘアをケアするのは、逆に遊女の証として恥ずかしがられます。

しかし、他の国では、無駄毛と言うのは本当は衛生、美観的に生えていて欲しくはない毛なんです。

本当は湿度、暑さ、寒さなどから肌を守ろうとして生えてきた体毛ですが、人間は服を着るので、脱毛してもいいんです。

毛が一部分にしかないのは徐々に必要無くなってきたので、退化したと思われます。

現代は、男性も女性も無駄毛がない方がいいと考えますので、マナーとして脱毛等のお手入れした方がいいのです。

20代初めの頃は、私は膝上25センチのミニスカートやスリットが大胆に大きく入ったスカート、ミニ丈のワンピースを着ていました。

きちんと無駄毛を処理し、丁寧にメイクすると、お会いする方はほとんど「恰好いいね」と言ってくれました。

ちゃんとお肌をお手入れしておくと、どういう服を着ても、どういう場所に行っても自信がもてるのです。

顔の整形は大変ですが脱毛等の無駄毛の処理は、少し注意しておけばできることです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ