レーザー脱毛に適する体の部位

美容クリニックで一番、需要が多い脱毛方法のレーザー脱毛ですが、
この方法に適する部位を解説も交えて紹介します。

まずは、顔です。全体的にレーザーを照射して、大丈夫との事です。

次は背中。こちらも全体に可能です。ただし、薄いうぶ毛には、あまり効果がない場合もあるそうです。

次は腕です。これは毛の濃さにもよるという事です。毛が薄い人は効きにくいそうです。

もっとも危険なのは腕に限ったことではないですが、日焼け後は4~5日空けて、
処理してもらう事がトラブルを回避することにつながるという事です。

日焼けしている肌は、だたでさえ刺激で、敏感になっていてトラブルを引き起こしやすくなっています。

次に、わきです。レーザー治療で確実に効果が出る部位といわれています。
わきをレーザー脱毛して,ワキガの人が臭いがキツクなった例もあるので慎重に。

脱毛後は、肌が引き締まり、スベスベになる効果も期待できます。

次は足です。
腕同様、毛が薄い部分にはレーザー脱毛での効果が難しいという事です。

医師とよく相談して、脱毛の方法を変えるとかの選択肢も。

ただ、レーザーでもまったく効果がない訳ではなく、毛が薄くない場合はレーザーは効果があります。
スネの部分は毛が太い場合が多いので、有効という事です。

最後はビキニラインです。この部位は、毛が濃くて、太いためにレーザー治術の最に、痛みがあります。
脱毛後は冷却処置を受け、腫れなどがあれば、すぐに和らげてもらう事が大事です。

このレーザー治療は、医師の技術の差が顕著に現れるので、クリニックを選ぶときには、
価格が安いからとかの理由だけで選ばす、クチコミやクリニックの情報、医師の情報など、
下調べして、きちんと、後で、トラブルに合い、困った、などという事にならないようにしておく事が大事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ